FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へんな名前の歯医者

05-21,2013

130515_151312.jpg


歯が、悪いのです。とても。
けっこうな割合で、義歯なのですが、
先日奥の方のセラミックが、ガムを噛んでいたら割れまして!!
歯医者さんに行きました。
(もうガムは噛まない!ハイチューも食べないと心にきめました)
大家さんにおすすめされた歯医者が、この「デンタルオフィス 本の街」
中は、なぜかアフリカはサバンナの野生動物写真と、
多分、お家で飼っておられるであろうカワイイ猫ちゃんの写真とが
共存しておりまして、なかなか不思議です。

あ、先生の腕はたしかですし、インフォームドコンセントもしっかりしているので
病院としては申し分ないです。安心です。
治療台からみえる「チーター」の睨みをきかした写真がけっこう怖い、ってな位です。


スポンサーサイト

パレット

06-14,2012

Image146.jpg

私は横着な性格もあって、紙パレットを使っているんだけど、
気がついたら、パレットに鳥さんが出現してたよ。

よーくみると、茶色いのは、人の姿にも見える!
なんか巾着みたいの持ってるよね。
鳥が、「ちょうだい」って言ってるのかな?
ついばんでる。

自分の意図していない所で、絵が出来上がってて
プチハッピー。
自分で描くより素敵だったりして、、、ふふ。
こういう発見は本当に嬉しい。
娘にも教えてあげなくちゃ。

毎日一枚。

05-17,2012

絵本ブービーああ



東京での展示のため、急ピッチで描いてます。
毎日、一枚がノルマです。
これだけやってれば良いわけでないのが辛い所で、、
日々、時間を色々区切って、まるで受験生のような日々です。
逆に健康的な気すらします。
目標があるってのはいいことやね。

最近、色んな所で「アトリエほしい」と吹聴していたら、
2人の友人が場所を提供してくれました。
本当にありがとう。
感謝してます。

1人目は、
保育園で知り合った税理士のママ友で、最近独立を果たし、
「事務所けっこう使ってないから、使っていいよ、」と合鍵までくれました。
子をもちつつ、働きつつという所で、色々と相談し合える仲間。
「出世したら、税理担当、私ね。」と笑いながら言ってくれる彼女は、
いつも明るく元気でパワーをもらってます。
神様、良い出会いをありがとう。

2人目は、
彩色師をしている友人。これまた「私がいる時なら、広いし使っていいよ」と
アトリエを解放。
スイーツを何か持っていくのが条件で、二人で食べるおやつの時間が何よりの楽しみ!
食べながら彼女と何気ない会話をかわすうちに絵本のアイディアがうかんだりするし、
大分弁でゆったり話すトーンもなんだか安心感があって、大好きであります。
もう、何日も入り浸ってしまいそうだ。

自分1人でこもっているのもいいんだけど、やっぱり誰かと話したりするのは活力になるな。
ありがたいな。
さぁ。今からもうひと頑張り描こう!!






アンパンマン紳士

05-10,2012

Image111.jpg

アンパンマンの隠れキャラを旦那ちゃんが考案。
その名も『アンパンマン紳士』。
スーツ姿の八頭身。パナマ帽子が似合う39歳。
後ろ姿はニヒルだが、振り向けば、顔がパンパン!チョビ髭が愛らしい。
モテ男の必須!ギャップを重視したキャラクター(らしい)
ちなみに、手元の拳銃が拳銃に見えないあたりさすが我が家。
私と張り合える画力だ!

娘は、これを一発で覚えてしまい、
毎日、「あんぱんしんし!」と指差し名前を呼んでます。
だけど、我が家以外、だれも分かってもらえないので若干不服そう。(当たり前ですけど。。。)
私としては、あんぱんまん紳士の説明を皆にする方がめんどうなので、
ほったらかしてますが、
旦那だけは、毎日娘の「あんぱんしんし」が聞けて嬉しいみたい、
また新たなキャラを描きそうな勢いです。
変なんでたら、またupしよう。

なんか、疲れてる時にこういうの書くと平和な気分になるなぁ。。




子供の視点

04-27,2012

子供の心を離さないキャラクターの存在。
一度好きになると、家でも町中どこでも探してきては、
「あったー!」と教えてくれます。
今日はその中でも、
「すごいっっ」と思ったものをご紹介。

娘がみつけた「アンパンマン」

さて、問題です。
この写真のどこにアンパンマンがいるでしょう。
ピクチャ 4


「チチチチチチチチチ チーン!」
タイムアーップ



正解はこちら↓



アンパンマン

※注 目は書き加えました。

彼女にとって、ベビーカーのバックルだって、「アンパンマン」なのです。
はじめ「アンパンマンおった」と言われた時は、
おもわず、「アンパンマンなんていないよー」と大人な対応をしてしまいそうだったけど、
私にもほんの少し子供の心が残ってたようです。

とりあえず子供の好きという集中力と、素直な物の見方に感心してしまった。
彼女にとっては、ごくごく普通のことなんだろうけど。

素直に自分の心に従って物を見ることができれば、世界は面白い事だらけなんだと、
子供に教えてもらってる気がします。
いつから人は、概念にとらわれて、一つの物の見方にしばられてしまうのだろう。
娘には、このままいろんな見方を楽しんでほしいな。
私にも教えてほしい。


ちなみに、この前ネットで話題になってた問題も、
これと同じ様な視点やね。

未就学児が10秒でわかる問題 ?の数字をもとめよ。

8809=6
7111=0
6666=4
7777=0
2172=0
9881=5
2581=?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。