FC2ブログ

ネイルはOPI

07-05,2015

opijpg.png



ネイルはこころが踊る。
小さなキャンバスにカワイイが宿る。
仕事をしていても、家事をしていても、本を読んでいても視野に入る場所。
それが「手」である。
綺麗な指先をみつめていると小さな自信も生まれてくる。
自分を「カワイイ」、とはなかなか思えないものだけど、
指先くらいは「カワイイ」と思っても許される気がする。
きっとネイルは、女の人の身体的コンプレックスをちょっと軽くしてくれる役割を
担ってくれているのかもしれない。
自己肯定感を確実に与えてくれるアイテムである。

最近、香港に旅行にいってOPIのネイルボリッシュ、コカコーラコラボセットを買った。
今まで、美容院で格安のジェルネイルをしてもらっていたのだけど、正直ヘタだったのと(安いので文句は言えない)
自分の好きなタイミングで落とすことができないことがちょっと不満だったこともあって、最近ご無沙汰していた。
そこにきての、ネイルボリッシュ。
ネイルシールだとか、自分でできるジェルネイルキットなんかが発売されているのに、わざわざこれを使うのは、時代に逆行しているともおもえたのだけど、綺麗な色の小瓶を見つめていると思わず買ってしまった。

で、塗ってみたのだけど。
結論からいって、このネイルは買ってめちゃくちゃよかった。
OPIは少し値もはるけど、それだけのことはある。
塗りやすいし、発色がいいし、すぐ乾くし、そしてなにより「もつ」のである。
すぐに禿げ上がるかなぁ、とおもっていたけど、3週間位もった。
これだと、下手くそなジェルネイルとそうかわらない。
手が不器用なので、あまり凝ったことはできないのだけど、いろんな色を揃えて
指ごとに色を変えるだけでも楽しいし、なにより、娘が寝静まった頃、
一人、指にネイルを落とし入れる時間は一人の「女」に戻れる時間な気がする。
「カワイクナーレ」と私は自分に魔法をかける。指先だけでも気分は上々。
やっぱり女は楽しい。







スポンサーサイト



フレンチは、『restaurant DOLCH』

10-11,2012

ケータリング


10月7日、日曜日が私の誕生日でした。
希望は、美味しいものをゆっくり、ワインとマリアージュして、幸せな一時を過ごす!!これです。
しかしながら、夜、子連れでフレンチはなかなかハードルが高い。
と、いうことで、こういう時には、
京都のフレンチレストラン『restaurant DOLCH』のテイクアウト(要予約)をおねがいしました。
勿論、お店で食べるのが一番美味しいし、あったかいものは、基本入ってないので、
オードブル盛り合わせ!という形式ですが、大正解でした。
百貨店のデパ地下グルメも美味しいですけど、
特別な日はやっぱりねー。
で、今回は4000円でお願いしたのですが、
めっちゃボリュームありです。

●ジロール茸とパンチェッタのキッシュ
●サーモンとホタテの瞬間燻製
●岡山オーロラブラック(新種のピオーネ)生ハム
●天使の海老のマリネ
●タコとじゃがいものバジルマヨネーズ
●人参のラペ
●黒オリーブのローズマリー風味

そして、誕生日プレゼントにと、私の大好きなパテが!!!別包装で入ってました。
健二シェフありがとぅっっ(これは、地方発送もできるそうです)

娘は、パクパクと食べてました。
家にいながらお店の味。贅沢ですね。
シェフは、ルーマニア大使館で、大使の料理人として、ルーマニアに赴任経験のある面白い方です。
是非一度、お店の方にも足を運んでほしいなぁ。
シェフのルーツである沖縄野菜や、マダムの実家の岡山フルーツとか、
食材からして素敵なものがたくさんでてきます。
そろそろジビエの時期だし、、いいですなぁ。

そうそう、このお店のHPやDM等全てのデザインは、奥様であるマダム、sallieさんが担当されているのですが、
デザインセンスもさることながら、本当に素敵な絵を描いてはります。
来週17日から個展がアイタルガボンさんであるみたいなので、これも要チェック!
http://italgabon.blog133.fc2.com/



『 restaurant DOLCH』
〒604-0981 京都府京都市中京区御幸町通丸太町下ル毘沙門町553-101
075-213-2014
http://dolch-the-cat.com/

ワインは、『ワインメール京都okumura』

08-21,2012

Image218.jpg


我が家のほど近くにある。最高の酒屋さんです。
この記事を書くまで、店の名前がこんなにシャレていたとは、しりませんでしたが、、
(奥村商店だと思ってた)
住宅地にある酒屋さんなので、一見すると見過ごしてしまいますし、
地図とか調べずに行くと、他の酒屋さんに入ってしまうかもしれません。
(それくらい外見は、一般的酒屋なのです)
でも、たどりつければ、そこはワイン好きのパラダイス♪。
奥様がしっかりと、美味しいワインをアドバイスしてくれはります。
しかも、何を前回すすめて、購入したかまで、把握していてくれてて、
たかだか、一個人客のなのにとてもHAPPYな気持ちにさせてくれます。

この酒屋さんは、基本的に祇園のレストラン関係に色々お酒を卸してるので、
「某一流店の●さんが、これをグラスワインでだしてるよ」とか、
「このワインは、最近よくでるわ」
とか、味以外の情報も入る所も面白い。
値段も、もちろんピンキリですが、2000円も出せば、コストパフォーマンス高いワインにありつけます。
ホームパーティー等の時にも、重宝。(1000円代からみつくろってくれます)
ワインって、高ければ美味しいって訳では、決してないけど
値段に比例して、美味しいものに当たる確率が高くなるのも確か。
そこをうまく打率を上げてくれる、ワインメール京都okumura!!
これからも通いつめること間違いなしです。



http://www.winemail.jp/index.html
『ワインメール京都okumura』
〒605-0989
京都府京都市東山区
本町新5-159
TEL:075-561-3929
FAX:075-525-0986

パスタは、FETE le Marche

06-25,2012

Image118.jpg
Image117.jpg

週末は、必ずといっていいほど、ワインを飲む我が家御用達。
『FETE le Marche フェット ル マルシェ』の生パスタ。
基本的に輸入食料品を売っているのだけど、
チーズにオリーブ、そしてパスタを量り売りしてます。
このお店、京都大丸の地下1階にあるのですが、
価格もお手頃なディナーセットというのがあって
「2種類の好きなパスタとソースが選べて」 1000円
※ちょっと前まで、好きなソースは選べなかったのですが、この前行ったら選べるようになってた!!

基本的にはソースは1袋420円、パスタも420円位だったとおもうので、
この2食セットは600円位は普通に買うよりお得!!(お得によわーい)
パスタは、ほうれん草が入れこんであったり、イカスミが入ってたり、
プレーンの他にも色々あって、
お店の人とソースに合うパスタを選ぶのもなかなか楽しいです。
(私はタリアテッレが好き♡)

ちなみに、作り方はすごく簡単。
パスタ3分ゆでて、ソースは湯煎で5分。
上からかける。
以上。

なのですが、
個人的には、オリーブオイルにニンニクをいためて、
そこに魚介やはベーコンを投入。
白ワインを加えてアルコール飛ばしたものをフライパンで作っておいて、
ソースと、パスタのゆで汁を加えて一煮立ち、パスタと絡ませると、
グッと味が上がるとおもいます。

家の冷蔵庫と、ソースの味と相談しつつですがね。
本当にお店の味に仕上がります。
よかったらためしてみてくださーい。

そうそう、イタリアンで重宝する調味料の一つに
『モンテ物産 モンテヴェッロ ジェノベーゼ・ペースト』270g 1700円
があります。
これはバジルペーストにパルメジャーノチーズが入っているので、
パスタソースに、一加えもgoodだし、カルパッチョとかね、いいですよー。
少し高いけど、バジルやチーズ常備すること考えたら安い気がする。
イタリアン好きにはおすすめー。
これもたしか、このお店で買えたとおもいます。

jeno-p09.jpg


大丸京都店 地下一階 FETE le Marche
〒600-8511
京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地

シロコロホルモンは、『ホルモンのマルハシ』

04-29,2012

「シロコロホルモン」とは、
牛の小腸を開かずに、筒状のままひっくりかえしたものです。
はじめて食べたのは、京都焼き肉店の安旨定番「アジェ」!
焼いて食べると脂がジュワッと広がって、
「あーデブまっしぐら!!でもコラーゲンたっぷりだから、明日、肌がプルプルよ♡」
と必要以上にポジティブな気持ちにさせてくれるハイテンションなお味。
実際の翌朝は、
「鼻頭が脂でテカるし、腹なんかブルブル、、」と、少々ため息のでる結果ではあるのだけど、
食べた事を後悔させない部位です。

で、これまで、ホルモンというものは、
家で食べるものではなく、焼き肉屋で食べるものだと、勝手に思っていたのですが、
最近、お肉屋さんめぐりをしていると、
色んな種類のホルモンが置いてる。
面白そうなので、買ってみたら、これがヒット!!
かなりの確率で焼き肉屋さんの味です。

ホルモンのマルハシ

肉ケース3

先日は、
・シロコロホルモン     230g 529円
(隣に普通のシマチョウもあるけど、シロコロの方が美味)

・アメリカ産骨付きバラ肉 130g  390円
(肉本来の味を楽しむなら意外にアメリカ産とかオーストラリア産が旨い気がする。)

・国産和牛カルビ     130g  845円
(ちょこっと良い肉も食べたいならやっぱ国産!)
※でも和牛の美味しいお肉なら松阪亭の方がコストパフォーマンス高し!

肉3


ちなみに、店頭で、ホルモンの唐揚げや、コロッケ、トンカツ等、
揚げ物を売ってます。これも美味しそう。
あと、テールとか、すじ肉とか100g300円位でお安いっっ。

『ホルモンのマルハシ河原町店』
〒 601-8005 京都府京都市南区東九条西岩本町38-2
075-661-6029


ついでに、お隣にある、コリアフーズのお店で、キムチ、ナムル、タレを購入。

キムチ

キムチケース

あとは、美味しいワインを買ってかえれば安上がりに贅沢を味わえます。

このお店が立ち並ぶ、京都駅から南側の河原町通り(24号線)沿いは、
本当にお肉屋さん美味しい。
また車とばして、いくつか巡ってみようと思ってます。